ご予約 お問い合わせ

スタッフブログ

親指下、小指下のうおのめ

※許可をいただいて掲載しております。
親指下、小指下の大きなうおのめのご相談です。時々ご家族に削ってもらっていたそうですがなかなか満足のいく処理が難しいですね。
うおのめの場合フットバスである程度皮膚をやわらかくしていくと、うおのめの”しん”を触った時に痛くなくケアができますので少し長めのフットバスを。
皮ふが柔らかくなったらフレーザーでサクサクと削っていきます。
黄色なった皮ふがピンク色になってきたらもうここまで!のサインです。
細長く横たわったうおのめの中心部を「もう少し削りたい・・!」と欲張ってしまうと出血する可能性がありますのでもうここでケアは終了です。

関連記事

  1. 胼胝ケア
  2. 爪の肥厚
PAGE TOP